« ジャーマンポテト | トップページ

2008年1月 8日 (火曜日)

モカモンブラン

モカモンブラン

型もセルクルも不要!、混ぜて絞れば出来るモンブラン♪
オリジナルとしてモカクリームをプラスする事で、少し苦みを効かせた大人の味に◎
3種のクリームのもったり感と、土台のサクサク感のコラボにハマる!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【材料…10人分】

土台のメレンゲ
卵白…40g
グラニュー糖…30g
粉糖…20g
アーモンドプードル…20g
薄力粉…6g

マロンクリーム
マロンペースト…150g
無塩バター(室温に戻す)…15g
生クリーム…50cc
洋酒(アマレット、ラム酒、コアントロー等お好みで)…10cc

モカクリーム
生クリーム…100cc
グラニュー糖…15g
インスタントコーヒー…小さじ1

ホイップクリーム
生クリーム…100cc
グラニュー糖…10g

飾りつけ
生ピスタチオ…5粒
和栗の甘露煮…5粒

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  • サクサクの秘密!
    土台のメレンゲを作ります。アーモンドプードル、薄力粉、粉糖を合わせて2回振るう。


  • 砂糖は一気に入れると泡立ちにくいよ~
    ボウルに卵白を入れてほぐし、グラニュー糖を3回に分けて加えながら、角が立つくらいまでしっかり泡立てる。


  • ささっとやろう
    振るった粉類を一気に加え、泡をつぶさないよう粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜる。


  • シートを敷かないと割れるかも?
    天板にオーブン用シートを敷き、直径1cm位の口金で、中心から直径6cm位の渦巻き状に絞る。


  • 低めの温度でじっくり…
    100℃に余熱したオーブンで、2時間焼いたら土台完成♪


  • ゴムべらがやりやすい
    マロンクリームを作成。マロンペーストにバターを少しずつ練り溶かす。


  • 口金から出やすい柔らかさに
    さらに生クリーム、洋酒を加えて滑らかになるまで混ぜる。


  • 冷やして生地を固めるの
    モンブラン用口金(なければ直径2mm以下の細口金)を着けた絞り袋にマロンクリームを入れ、冷蔵庫へ。


  • 水が多すぎると泡立ちにくいよ!
    モカクリームを作成。生クリーム、グラニュー糖、少量の水で溶いたインスタントコーヒーを入れ、固め(8分立て)に泡立てます。
    適当な大きさ、形の口金を着け、マロンクリーム同様絞り袋に入れて冷蔵庫へ。


  • グラニュー糖なくてもOK~
    ホイップクリームを作成。こちらもモカクリーム同様、材料を全て混ぜ、8分立てにし、絞り袋に入れて冷蔵庫へ。


  • 色どりがキレイ!
    ピスタチオは軽くゆで、冷水にさらして皮を剥き、みじん切りに。
    栗の甘露煮も2等分しておく。


  • いよいよ成型…
    焼けたメレンゲ生地の上にモカクリームを絞り、その上に山状にホイップクリームを絞る。


  • この工程1番楽しい♪
    さらにマロンクリームで覆い、山型にぐるぐる絞る。


  • できあがり~♪
    粉糖、ピスタチオ、栗の甘露煮をのせて飾り付ければ完成♪

マロンペースト
※市販のマロンペーストとマロンクリームは別物です。今回は栗本来の味をしっかり出せるよう、ペーストを使用。
※生クリームは植物性ではなく、ぜひ動物性がおすすめ。コクが違います。
※モカクリーム、ホイップクリームは、マロンクリームの重みで沈まないようしっかり泡立てましょう。

>> このレシピのレポートはこちら


レシピブログに参加しています。

|

« ジャーマンポテト | トップページ

デザート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402181/9770163

この記事へのトラックバック一覧です: モカモンブラン:

« ジャーマンポテト | トップページ