カテゴリー「デザート」の投稿

2008年1月 8日 (火曜日)

モカモンブラン

モカモンブラン

型もセルクルも不要!、混ぜて絞れば出来るモンブラン♪
オリジナルとしてモカクリームをプラスする事で、少し苦みを効かせた大人の味に◎
3種のクリームのもったり感と、土台のサクサク感のコラボにハマる!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【材料…10人分】

土台のメレンゲ
卵白…40g
グラニュー糖…30g
粉糖…20g
アーモンドプードル…20g
薄力粉…6g

マロンクリーム
マロンペースト…150g
無塩バター(室温に戻す)…15g
生クリーム…50cc
洋酒(アマレット、ラム酒、コアントロー等お好みで)…10cc

モカクリーム
生クリーム…100cc
グラニュー糖…15g
インスタントコーヒー…小さじ1

ホイップクリーム
生クリーム…100cc
グラニュー糖…10g

飾りつけ
生ピスタチオ…5粒
和栗の甘露煮…5粒

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  • サクサクの秘密!
    土台のメレンゲを作ります。アーモンドプードル、薄力粉、粉糖を合わせて2回振るう。


  • 砂糖は一気に入れると泡立ちにくいよ~
    ボウルに卵白を入れてほぐし、グラニュー糖を3回に分けて加えながら、角が立つくらいまでしっかり泡立てる。


  • ささっとやろう
    振るった粉類を一気に加え、泡をつぶさないよう粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜる。


  • シートを敷かないと割れるかも?
    天板にオーブン用シートを敷き、直径1cm位の口金で、中心から直径6cm位の渦巻き状に絞る。


  • 低めの温度でじっくり…
    100℃に余熱したオーブンで、2時間焼いたら土台完成♪


  • ゴムべらがやりやすい
    マロンクリームを作成。マロンペーストにバターを少しずつ練り溶かす。


  • 口金から出やすい柔らかさに
    さらに生クリーム、洋酒を加えて滑らかになるまで混ぜる。


  • 冷やして生地を固めるの
    モンブラン用口金(なければ直径2mm以下の細口金)を着けた絞り袋にマロンクリームを入れ、冷蔵庫へ。


  • 水が多すぎると泡立ちにくいよ!
    モカクリームを作成。生クリーム、グラニュー糖、少量の水で溶いたインスタントコーヒーを入れ、固め(8分立て)に泡立てます。
    適当な大きさ、形の口金を着け、マロンクリーム同様絞り袋に入れて冷蔵庫へ。


  • グラニュー糖なくてもOK~
    ホイップクリームを作成。こちらもモカクリーム同様、材料を全て混ぜ、8分立てにし、絞り袋に入れて冷蔵庫へ。


  • 色どりがキレイ!
    ピスタチオは軽くゆで、冷水にさらして皮を剥き、みじん切りに。
    栗の甘露煮も2等分しておく。


  • いよいよ成型…
    焼けたメレンゲ生地の上にモカクリームを絞り、その上に山状にホイップクリームを絞る。


  • この工程1番楽しい♪
    さらにマロンクリームで覆い、山型にぐるぐる絞る。


  • できあがり~♪
    粉糖、ピスタチオ、栗の甘露煮をのせて飾り付ければ完成♪

マロンペースト
※市販のマロンペーストとマロンクリームは別物です。今回は栗本来の味をしっかり出せるよう、ペーストを使用。
※生クリームは植物性ではなく、ぜひ動物性がおすすめ。コクが違います。
※モカクリーム、ホイップクリームは、マロンクリームの重みで沈まないようしっかり泡立てましょう。

>> このレシピのレポートはこちら


レシピブログに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火曜日)

バースデーケーキ

バースデーケーキ

友人のために作ったお誕生日ケーキ。
あっさり食べてしまえるよう、バターは使わない、ふわふわロールケーキ生地で作りました。
デコレーションはお好みで♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【材料…5〜8人分】

《ケーキ生地》
薄力粉…40g
コーンスターチ…30g
卵… 3コ
グラニュー糖(生地用)…25g
はちみつ…大さじ2
牛乳…40cc
サラダ油…大さじ3
バニラエッセンス…少々

《シロップ》水…30cc
グラニュー糖(シロップ用)…25g
コアントロー(シロップ用)…大さじ1

《ホイップクリーム》
生クリーム…300cc
グラニュー糖(クリーム用)…35g
コアントロー(クリーム用)…大さじ3

好みのフルーツ・アラザン等…適当

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  • 一緒にふるってね
    薄力粉とコーンスターチをふるう。


  • 卵黄と卵白
    卵を卵黄と卵白に、それぞれボウルに分ける。


  • 泡立て器使うの
    卵黄とグラニュー糖(生地用)を、少し白っぽくなるまで混ぜる。


  • 焦げ目つけてね
    はちみつ、牛乳、サラダ油を入れてさらに混ぜ、バニラエッセンスを数滴落とす。


  • ずっとまぜまぜ..
    振るった粉を加え、そのまま泡だて器で均一に混ぜる。(別にさっくりでなくて良い)
    オーブンを170℃に温めておく。


  • 泡立て始め 泡立て後
    卵白のボウルに、グラニュー糖を3回に分けて加えながらハンドミキサーで泡立て、メレンゲを作る。


  • さっくり
    生地とメレンゲを3回に分けて、ゴムべらで切るように混ぜる。
    メレンゲの泡をつぶさないようさっくりと手早く。


  • さっくり
    型に生地を流し入れ、少し高い位置から2,3回落とし、空気を抜く。
    170℃に余熱したオーブンで、20〜25分焼く。


  • 焦がしたらダメよ
    グラニュー糖(シロップ用)と水を沸騰させ、冷めてからコアントローを加える。


  • 冷めるまで待ちます
    ケーキが焼けたら取り出して爪楊枝を刺し、生地がついてこなければ型からはずして、ケーキクーラー等の上で完全に冷ます。
    (写真はだたのアミです)


  • シロップ
    冷めたらケーキを横半分に切り、下半分の上面にシロップをはけで叩くように塗る。


  • さて生クリーム作るよ
    生クリームにグラニュー糖、コアントローを加え、ミキサーで6分立てまで泡立てる。


  • こっちはもう少し硬め
    3分の1を別のボウルに移し、さらに8分立てまで泡立てる。


  • 搾るの待ち遠しいね
    飾り用金具を付けた搾り袋に8分立てクリームを入れて冷蔵庫へ。


  • フルーツの土台だよ
    6分立て生クリームを、シロップを塗った生地の上に塗る。


  • 好きなフルーツを挟もう
    ゼスプリゴールドなど、好みのフルーツを乗せる。


  • フルーツを覆ってね
    さらに上から薄く生クリームで覆う。


  • 全面コーティング!
    生地の上半分をのせ、上にシロップを同じように塗り、全面覆う。
    先に上を平らにし、側面は下からすくい上げるときれい。


  • デコレーション楽しいね
    8分立てクリームを好きなようにデコレーションし、いちご、ブルーベリーなど好みのフルーツを並べ、好みでアラザンなどをかけて完成!!
    (写真は持ち運んだ後で撮ったので、周りのデコレが崩れてしまいました)

※洋酒はコアントローじゃなく、キル酒でもOK!

※デコレーションによって、材料の分量は調節しましょう。

>> このレシピのレポートはこちら


レシピブログに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月曜日)

ティラミス

ティラミス

マスカルポーネチーズとエスプレッソが融合したイタリアンドルチェ、ティラミス。
シンプルなのに本格的な味に仕上がります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【材料…6〜8人分】

マスカルポーネ… 250g
卵(M)…2個
グラニュー糖…40g
サヴォイアルディ等のティラミス用フィンガービスケット…15〜20本(容器による)
エスプレッソ…150cc
アマレット…50cc
生ピスタチオ…3〜4粒
ココアパウダー、粉砂糖…適宜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  • 濃いめにね。
    エスプレッソを濃いめに作って冷ます。


  • 分けましょ
    卵を卵黄と卵白に、それぞれボウルに分ける。


  • 混ぜ混ぜ…
    卵黄にマスカルポーネを加えて混ぜる。


  • ミキサーは早いよ
    卵白の方は、グラニュー糖を3回に分けて加えながらミキサーで泡立てる。
    卵がMかLかで出来るメレンゲの量が変わるので、Lの場合は少し減らす。

  • 切るように混ぜてね
    マスカルポーネのボウルに、卵白を3回に分けて入れる。
    メレンゲの細かな泡が消えないよう、手早くさっくり混ぜる。

  • アマレットはイタリアのリキュールだよ
    エスプレッソにアマレットを加える。

  • 敷き詰めます。
    フィンガービスケットを全面さっとエスプレッソにくぐらせながら、型に土台として並べていく。
    浸しすぎるとビスケットが割れやすくなり、エスプレッソが足りなくなってくるので注意。

  • 層にします。
    生地の半量を上から流し込んで平らにし、さらに残りのビスケットも同じように浸して並べる。

  • この間においしくなります。
    生地の残りを全て流し込み、冷蔵庫で5時間寝かせる。

  • ピスタチオもイタリアン♪
    生ピスタチオをさっとゆがき、冷水にさらして皮を剥いておく。

  • デコレーション
    寝かせたティラミス生地の上から、生地が見えなくなるまでココアパウダーを茶こしで振るう。

  • 飾り付け
    粉砂糖も少量振るう。

  • かわいっ
    ピスタチオを縦半分に切り、切った面を上に向けて刺して飾りつけたら、できあがり!

※今回は18cmの丸型を使いましたが、もう少し狭くて深い容器で作ればフィンガー ビスケットが少なくて済みます。

※ココアパウダーは振るいたてが一番きれいなので、必ず寝かせた後で振るいます。

※今回使ったアマレットは「DISARONNO」という銘柄で製菓用に小瓶でも売ってますが、「アマレット」という表記がない事もあるので注意。
なければコアントローなどでも代用できます。

>> このレシピのレポートはこちら


レシピブログに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おつまみ | デザート | メッセージ